国外からの留学生向け給与奨学金

第二種給与奨学金制度

趣旨 当奨学金制度は、指定大学の理工系学部・研究科に在学中の外国人私費留学生に対して、日本での生計費の一部を支援することにより、留学目的の達成に資することを目的としている
指定大学
(50音順)
秋田大学、 茨城大学、岩手大学、宇都宮大学、愛媛大学、大分大学、大阪大学、大阪市立大学、大阪府立大学、岡山大学
鹿児島大学、金沢大学、関東学院大学、北見工業大学、岐阜大学、九州大学、九州工業大学、京都大学、熊本大学、群馬大学、慶應義塾大学、工学院大学、神戸大学
埼玉大学、佐賀大学、静岡大学、芝浦工業大学、首都大学東京、上智大学、信州大学
千葉工業大学、千葉大学、中央大学、筑波大学、電気通信大学、東海大学、東京海洋大学、東京工業大学、東京大学、東京電機大学、東京都市大学、東京農工大学、東京理科大学、同志社大学、東北大学、徳島大学、鳥取大学、富山大学、豊橋技術科学大学
長岡技術科学大学、長崎大学、名古屋大学、名古屋工業大学、新潟大学、日本大学
広島大学、兵庫県立大学、福井大学、北海道大学
宮崎大学、室蘭工業大学、明治大学
山形大学、山口大学、山梨大学、横浜国立大学
立命館大学、琉球大学
早稲田大学
(以上69校)
対象者 理工系学部、研究科に在学する私費留学生。ただし医学、歯学、薬学系および聴講生を除く
定員数 1〜3名/1大学(理工系学生の在籍数により当会で決定。詳細は各大学の留学生担当課にお問い合わせ下さい)
募集 毎年4月〜11月にかけて募集する
申請方法 各大学留学生担当課に送付の当会所定の申請用紙に記入し、必要書類を添付して、各大学担当課経由で提出する(詳細は各大学留学生担当課にお問い合わせ下さい)
給与額 25万円/1名 
給与期間 4月より翌年3月までの1年間    
※秋入学者は入学月より1年間
支給方法 採用された年の7〜11月までの月末に受給者本人の口座に振り込む
(支給月はそれぞれの大学が決定する)


第三種給与奨学金制度

趣旨 非常に重要な石油・ガス資源国の人材育成に資するため、平成20年(2008年)に、中近東・アフリカ・中央アジア圏・東南アジア・メコン地域の産油・産ガス国からの私費留学生を対象として発足
指定大学
(50音順)
茨城大学、大阪大学、大阪府立大学、岡山大学 
鹿児島大学、金沢大学、北見工業大学、九州大学、京都大学、慶應義塾大学、神戸大学
首都大学東京
千葉大学、筑波大学、東海大学、東京大学、東京工業大学、東京農工大学、東京理科大学、東北大学、徳島大学
名古屋大学、名古屋工業大学、新潟大学
広島大学、北海道大学 
室蘭工業大学 
山口大学、横浜国立大学 
琉球大学
早稲田大学
(以上31校)
対象者 中近東・アフリカ・中央アジア圏・東南アジア・メコン地域の産油・産ガス国からの私費留学生で他の奨学金の受給者でないこと
指定大学の理工系研究科に在籍する大学院生。ただし医学、歯学、薬学系を除く
定員数 9名/31大学(今年度の募集数は8名)
募集 毎年4月から5月にかけて募集する
申請方法 各大学留学生担当課に送付の当会所定の申請用紙に記入し、必要書類を添付して、各大学担当課経由で提出する(詳細は各大学留学生担当課にお問い合わせ下さい)
選考・決定 6月中旬開催の当会選考委員会で選考の上、採否を決定し、6月下旬に大学経由で通知する
給与額 月額15万円
給与期間 4月より翌年3月までの1年間
支給方法 7月(4〜9月分)、10月(10〜12月分)、1月(1〜3月分)の原則各月10日に受給者本人の口座に振り込む
SINCE 1968